LED街灯

夜道を明るく照らす街灯。LEDが高輝度になり街灯の光源として活用できるようになりました。従来の光源に比べて様々な利点があります。

{{include_html gadbanner728_90}}

!街灯の光源

街灯の光源は、古くはガス灯、新しいところでは白熱電球や蛍光灯が使われてきました。道路照明など強い光が必要なところには、ナトリウムランプ、水銀灯、メタルハライドランプ等のHIDランプ(高輝度放電ランプ)が使われてきました。LEDの高輝度化に伴い街灯の光源にLEDが使用されるようになってきています。

!LED光源の街灯
高輝度、低消費電力、長寿命といったLEDの特徴を発揮し、さまざまな利点があります。

省エネ

消費電力が小さいため、省エネです。また電気代が減らせます。

商用電源なしでも駆動可能

消費電力が小さいため太陽電池や風力発電と組み合わせれば、商用電源を接続することなしに設置することができます。設置コスト、ランニングコストが大幅にカットできます。

低メンテナンスコスト

LEDは長寿命であるため交換頻度を低くすることができます。メンテナンスコストも低くなります。


!青色LED街灯の特徴
LED光源の街灯の中でも、青色の光を出すものがあります。人間は青色を見ると冷静になること、落ち着くことにより、以下のような効果があることがわかってきています。

犯罪抑止効果

人間は青色を見ると冷静になるといわれています。住宅地の青色LED防犯灯により犯罪が抑止されました。

自殺抑止効果

自殺の多い踏切に設置することにより、自殺が少なくなりました。


反対に、青色LED街灯はもともと自然界に存在しない光であるため、以下のような欠点ももちます。

色が不自然になる

青色に限らず、単色光に照らされると色が不自然になります。オレンジ色の光のトンネルの中で手をみると血管が黒く見えたりするのもこの類です。

距離感がつかみにくい/見にくい

見にくいという意見があります。理由はよくわかりませんが、青は可視光の中でも波長が短いほうであるため、などと考えられています。


日本の青色LED街灯の青は暗く、もうちょっと白に近づけるとよいという意見もあるようです。


!LED街灯の製品

{{include_html epsel-led_gaitou}}

!まとめ
街灯は夜の長時間点灯するため、消費電力の低減効果が大きいです。また、青色LEDの犯罪抑止効果も今後注目です。


  • 最終更新:2010-02-10 23:06:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード